やっちゃいました!部活編

今朝、部活に行く娘をそろそろ起こそうとしていたところ、家の電話が鳴り、出てみると顧問の先生でした。

娘に代わって欲しいとのことで、娘を呼んだあたりで、ハッとして、今どういう事態になっているのかに気付きました。

実は今日は娘がテニス部の練習試合で、近くの他の中学に行くため、いつもより30分早く学校に集合しなければなりませんでしたが、昨日の夜までは覚えていたものの、テレビを見たりして夜ふかししているうちに親子共々すっかり忘れてしまっていたのでした。

もう一度娘と電話を代わり、ご迷惑をお掛けしたお詫びと、すぐに送って行く旨をお伝えして電話を置き、娘にパンを齧らせ急いで支度、その内にまた電話が鳴りました。

先生の方から場所の確認か何かではと娘に出させると、今度は娘の親友にして同じテニス部のTちゃん、なんと彼女も全く同じミスをしていたのでした。

私の方で送るので、10分後にTちゃんのお家の前まで迎えに行くと言うように娘に伝え、私も非常に簡単な身支度を終わらせ出発、まさかカーシェアの車を借りて行くわけにもいかず、歩きで(私は自転車を引いて)Tちゃん家経由でS中に向いました。

朝の9時前だと言うものの、既に相当な暑さ、歩いて15分以上はかかり、かなりのシンドさ、しかもTちゃんに話し掛けると娘がイヤがるので、押し黙っていました。

S中に着き、ネット越しで遠いところからではありますが顧問の先生にご挨拶、なんとか事なきを得ました。

とは言え、ゆるいながらも一応運動部の親として、大きな失敗でもありますので以後こういうことのないように気を付けたいと思います。