博士課程に行く意味

こんにちは。

とあるです。

今日は、中退する身ながら、

博士課程に行く意味

について考えます。

私の場合、親戚中探しても大学に行った人がほとんどいなくて、まして大学院に行った人なんていません。

親戚は誰一人、博士進学にも中退にも反対しませんでしたどういう進路か伝わってなかっただけ?笑

一方で最近の学生の場合には、両親どっちも大学or大学院卒!というケースも増えています。

そのため両親が変な知識を持っていて、

博士行きたいけど、親に反対された。とか

両親が博士なんて就職できないと言ってるから、博士なんて考えてもいない。という声も聞きます。

そんな親御さんに言いたいことがあります。

博士行ったから就職できない、なんてことはねぇ!!!

大きな会社に就職できなかったとしても、それは博士うんぬんのせいじゃなくて、子供自身の実力だ!

結局就活なんて、少なくとも最終的に採用を勝ち取るのは、肩書きじゃなくて人間性ですからね()

2728歳まで学生の身分、て確かにイタイところもあります。でも、子供が両親から独立して社会福祉上も独立家計として生活するというのなら、博士進学を認めてやりましょうぜ!!!

私は、博士にいたことで経験できたことがあり、出会えた人達がいます

何より自分で収入を得ながら、自分で納税やその他行政のめんどくさい手続きをやってきたことは、珍しく貴重な経験です笑

あと、25にもなって、電車も映画も学割ですw

まー実際に在籍しないと、メリットもデメリットもわかりません!

両親の話そもそも時代が違う話やネットの情報を鵜呑みにせず、自分で行きたいと思ったら博士に進学しようぜ()

中退する身ではありますが、私は後悔どころか進学して良かったと思ってます